福祉のページ

2008年12月11日

年金天引き選択制

介護保険料の年金天引き制度、廃止か!?
介護保険料、強制天引き転換へ 厚労省検討(日本経済新聞)

 厚生労働省は28日、介護保険料の徴収方法について、年金からの強制的な天引きをやめる方向で検討していることを明らかにした。


ことし10月に、舛添厚生労働相が衆院予算委員会の席上、同様の発言をしていた。それが具体化しつつあるということだろうか。

介護保険料、年金天引き「選択制に」(読売新聞)

舛添厚生労働相は7日の衆院予算委員会で、介護保険料の支払いを年金からの天引きと口座振替との選択制とすることについて、「いずれ検討しないといけない課題だ」と述べ、導入を検討する考えを示した。



国保時代のつらく、そして苦い経験をいかした介護保険の徴収システム。徴収率は全国平均で90%以上だろうか。
後期高齢者医療制度での年金天引きと、介護保険のそれとは混同してはいけないように思うが。
単なる人気取りのためだけに、制度を変えないでもらいたいものだが、さてどうなることやら。
タグ:天引き 年金
posted by けいけいちゃん at 15:03| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月10日

介護ロボット

介護ロボットの安全基準の作成へ。
経産省、介護ロボの安全基準作成へ 技術開発促す(日本経済新聞)

対象は、高齢者や障害者の移動を助ける車いすのような乗り物ロボットや、介護士が要介護者を抱える際に自らの体に装着して腕や腰の運動を補助するパワースーツなど。実用化すれば介護の人手不足を補う役割が期待されている。


安全基準を明確にすることで、企業の参入を促進するのが狙い。
ことしの4月に紹介した、やヒト型ロボット「TWENDY-ONE」、介護ロボット「ワカマル」など、開発・研究されているロボットは結構あるようだ。

完全自律型の介護ロボットが普及するまでには相当な時間がかかるだろうが、ロボットスーツHALのようなパワードスーツは、比較的はやく普及するような気もする。

ちなみに、以前紹介した、アザラシ型ロボ「パロ」のようなロボットがもっと増えるといいなあと思ったりして。
ネコ型ロボットを開発してくれるメーカーはいないのだろうか。
青色でポケットがついやものがいいな。
posted by けいけいちゃん at 19:11| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月09日

療養介護士と医療行為。医療行為が認められるのは施設だけ?

療養介護士と医療行為。医療行為が認められるのは施設だけ?
介護職に一部の医療行為認める…厚労省

 厚生労働省は20日、介護や高齢社会の将来像を示す「安心と希望の介護ビジョン」をまとめた。研修を受けた介護職に一部の医療行為を認めることや、高齢者の地域活動を支援することなどを盛り込んでいる。

 7月に発足した舛添厚生労働相直属の検討会が、2025年を視野に、介護や高齢社会のあるべき姿を議論してきたもの。今後、取り組むべき課題として、〈1〉高齢者の地域参加の推進〈2〉介護の質の向上〈3〉介護従事者にとっての安心と希望の実現――をビジョンとして打ち出した。

 このうち、介護の質の向上では、研修を受けた介護従事者が、施設で医師、看護師と連携しながら、経管栄養の処置やたんの吸引などができる仕組みが必要だとした。たたき台で示された「療養介護士(仮称)」の資格創設は、「唐突すぎる」などの意見があり、将来の検討課題とした。

「唐突すぎる」とされた療養介護士についてですが、
ただ、医療行為の問題に関してはずっと課題として残されたままでずるずるやってきたことであって、
その解決策としてはまったく唐突な話ではないと考えられます。

また、医療行為について、施設では、という前置きがされているのですが、
それ以上に在宅では、介護職では医療行為が行えないために、家族への大きな負担となっています。
医療行為といわれていますが、
実際、たん吸引などはその人からとってみれば日常生活に必要とされるケアと同じで、
医療サービスの提供という次元のものとは切り離して考えるべきなのかもしれません。
在宅の利用者をどう支えていくのかという枠組みの検討も行っていくことが大切ではないでしょうか。


posted by けいけいちゃん at 21:53| 京都 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月07日

外国人ヘルパー

外国人ヘルパー受け入れの壁は、言語・文化だけなのか!?
当ブログがはじめて、フィリピン人ヘルパー・看護師受け入れについての記事をエントリしたのは、2005年3月のこと。
フィリピン人ヘルパー、本当にくるの?05/3/10(日本介護新聞)
当時の介護業界は、安価な外国人労働力を安易に投入して、介護分野の労働条件の改善には着手しないつもりか?という強い不満と警戒心があったと思う。わたしは、そもそも世界的にも評価の高いフィリピン人ヘルパー・看護師たちが英語の通じにくい日本にくるのか。そして滞在し続けるのか、という点に懐疑的だった。なにより、利用者たちが外国人ヘルパーを受け入れるのだろうかと心配に思っていた。


そうこうしているうちに3年が経ち、フィリピン人より先にインドネシア人が来日。改めて言葉や文化の違いを痛感するほか、新たな問題が浮上した。
それは受け入れコストの高さだ。


決して“安く”ない外国人ヘルパー

インドネシア人看護師を受け入れた病院の反応と、山積する問題 08/9/17(日本介護新聞)
上記の記事でも紹介したが、インドネシア人を受け入れたところ、来日時のコストや3年分の賃金などを含めて1人あたり1000万円前後かかるという。たしかに月給20万円として3年間で720万円必要。
この期間中も、介護福祉士・看護師の国家試験のための勉強をサポートする必要もあるだろう。そのために“賛助金”という形で1人60万円前後を渡さなくてはならない。捻出するのは施設側だ。
こうしたコストについて政府の援助・補助金はないそうだ。
国家間のとりきめに基づいてのことながら、援助がないということに疑問を感じるが、なにより問題は、そうした“投資”を“回収”するためのハードルが高いことだ。


あなたなら、外国の国家資格を3年間で取得できますか?

来日したインドネシア人は看護師候補者は最大3年、介護福祉士候補者は最大4年まで滞在することができ、その期間中に看護師・介護福祉士の国家試験にクリアしなくてはならない。

介護はもちろん、業務報告書などさまざまな書類を日本語で作成しなくてはならない。そのためには、介護の専門用語を含めた日本語の読み書きをマスターしなくてはならないのだ。

外国人ヘルパーはもちろんながら、施設側にも過酷な条件といえる。
なぜなら、日本語を教えながら3年間受け入れたにも関わらず、国家資格を取得できずに帰国ということになる可能性が十分あるからだ。
もちろん3年後に介護福祉士を取得した外国人ヘルパーが同じ施設にいつづけるかどうかはわからないし、日本で日本語を学べるチャンスという程度にしか捉えない人だっているだろう。
そもそも、そのあたりのルールも明確になっているのだろうか。

施設側は当然、確かな戦力としてあり続けてもらうために様々な投資をするのだろう。
しかし、外国人ヘルパーからすれば、だからといって一生同じ施設で働く必要(契約)もないだろうから、よりよい条件の場所を探すのは当然だ、と考えるのである。

こうした投げやりな受け入れシステムを知ると、日本政府は本当にインドネシア人ヘルパー・看護師を受け入れたいのかと疑問に思う。それとも3年後を前にして、特別措置という形で来日期間を延長させるつもりなのだろうか。

ニッソーネットの調査結果によると、首都圏にある約3000の介護施設のうち、インドネシア人を受け入れたいと回答したのはわずか9%前後だったという。その理由は、やはり受け入れコストと国家資格合格という高いハードルのせいだという。
インドネシア人介護福祉士候補者奮闘中/横浜・青葉区の特別養護老人ホーム(神奈川新聞)


こうした条件でも、積極的に外国人を受け入れざるを得ない現状こそが、何より日本の介護・医療システムが崩壊していることを表しているのではないだろうか。
posted by けいけいちゃん at 21:58| 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

悪徳商法

認知症患者等を狙った悪質商法の被害、1万件を超える 3年連続
認知症患者ら被害 「悪質契約」依然1万件超(読売新聞)

認知症や知的障害などで判断力の不十分な人の契約トラブルが、2007年度に1万25件に上り、3年連続で1万件を超したことが、国民生活センターの調べでわかった。


高齢者、特に認知症患者を騙して、高額な商品を売りつけたり、高額なリフォーム工事を施工する悪徳商法は、これまでにもたびたび取り上げてきた。
この問題は、ある種社会構造的な部分もあるためか、なかなか被害数が減らないようだ。
対策としては、やはり成年後見制度の利用と、家族・親族による高齢者の見守りが必要だ。
国民生活センターは、悪徳商法から身を守るための方策として次のようなポイントを挙げている。

(1)日頃から家族や身近な人の注視が必要
(2)地域の高齢者見守り活動を利用する
(3)成年後見制度を利用する
(4)トラブルに遭ったら最寄りの消費生活センターに相談する


私も、考えられる対策として、「地域社会で見守るシステムを」と書こうとしたが、家族・家庭力以上に地域力は低減している以上、残念ながらそれは見込めないと思った。
また、こうした悪質な商法は、室内という密室で行われるケースが多いだろう。それを地域で監視するというのも難しい部分もあるかもしれない。
ただ、家族・親族と没交渉の高齢者もいるわけで、そうした人たちは「地域」などというあいまいなものではなく、制度としてしっかり見守る段階にきている気がする。
posted by けいけいちゃん at 20:22| 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

介護ロボット

日本製介護ロボ「パロ」、デンマーク国内ほぼ全ての介護施設に導入が決定
ぱろ.JPG
ことし4月に紹介した、かわいい介護ロボ「パロ」が、デンマーク国内のほぼすべての介護関連施設に導入されることが決まった。
ロボットスーツに負けるな!? アザラシ型ロボ「パロ」が海外で販売スタート(2008年4月17日・日本介護新聞)


年寄りの癒やしにアザラシのロボ=デンマークで本格導入−産総研(時事通信)

癒やしロボット「パロ」がデンマークの高齢者向け施設に本格導入されると発表した。同国の民間非営利団体(NPO)が窓口となり、2011年までに1000体を導入する計画で、福祉先進国でもパロの癒やし効果が認められた形だ。



すっごいかわいいパロだが、実は「世界で最もセラピー(癒やし)効果があるロボット」として英ギネス認定されているほどの“できるコ”なのだ。
気になる値段は、「一般販売用 保証期間 1年 価格350,000円(消費税込み)」とのこと。
paro.jpをみて、パロの魅力を存分に味わってほしい。


入居者はもちろん、きっと働いている人も癒されるにちがいない。
posted by けいけいちゃん at 20:12| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月06日

介護の資格について

介護福祉士は、体や精神の面で障害がある人などに日常的な生活(食事・入浴・排泄等)の面で介護を行い、介護を受ける人や家族の相談や指導などのフォローを行う仕事で、社会福祉士とともに1987年に制定された国家資格です。2007年3月の国会において社会福祉士法と介護福祉士法の改正案として新たに創設された准介護福祉士の資格は法律で定められた資格ではありますが、介護保険制度上での位置づけなどは未定であるということです...また、改正案によると2年以上の介護福祉士養成学校の定義もあらたになるようで、今までは学校終了までに1650時間以上となっていたのですが、法律の改正後は1800時間以上の時間を学校で消化していなければ少なくとも准介護福祉士にはなれないということになります。介護支援専門員(ケアマネージャー)となるには介護支援専門員実務研修受講試験に合格してこれらの講習を受講する必要がありますが、この試験の受験資格としては法定資格の医師や看護士、栄養士や歯科衛生士などが5年以上の実務経験を経た後に介護支援専門員実務研修受講試験を受ける資格ができることになります...これ等の法定の資格が無い人に関しては、介護施設などでの実務経験が10年以上ある人と定められています。

介護士とは介護福祉士などの介護の専門家のことを言います・・介護福祉士は、病院での勤務のほかにも高齢者の施設や障害者の施設、在宅での介護も行っています...介護福祉士は、高齢者や障害者などの日常的な手助けが必要とされる人たちに対する介護や、本人とその家族に対する相談や指導などを行います。新たに介護保険法が改正施行されることになったおりに介護分野の求人が伸びているようです・・これ等の介護の求人と同じく介護分野の養成講座もたくさんあるようです。介護支援専門員とはケアマネージャーともいい居宅での介護支援事業所に所属するか独立で開業するかをして、介護保険において要介護や要支援と認定された人に対して評価を行って対象となるサービスについてケアプランを作成します。

2007年3月の国会において社会福祉士法と介護福祉士法の改正案として新たに創設された准介護福祉士は介護福祉士の資格取得に対して努力をしてゆくこととなっており、これらの国家試験を受ける予定の人たちは准介護福祉士として当分の間過ごすことになります。現在、医療の進歩により寿命が延びて健康で長生きができるようになりました...一方では高齢化が進み少子化ということもあって高齢者の世話をしていく人が少なくなってもいます...このような中で介護や福祉のあり方が見直されるようになってきました...これ等の介護や福祉を担う人材の確保に際して資格取得があります...介護や福祉の資格の種類としては、主なものとして介護福祉士・社会福祉士・精神保健福祉士等があり、その他にもさまざまな資格があります。介護福祉士とは高齢者や身体障害者、精神障害者の食事・入浴・排泄等の介護を行い、介護を受ける人とその家族とともに色々な相談を受けたり指導をしたりする人のことです・・介護福祉士はケアワーカーとも呼ばれ、1987年に制定された「社会福祉士および介護福祉士法」によってさだめられた介護福祉方面での唯一の国家資格です。

社会福祉士は、専門知識や技術を持った人が心身や環境の面で日常生活に支障のある人に対して相談に乗ったり、助言を行ったりする仕事で、一般的にはソーシャルワーカーと呼ばれる人たちのことです。介護士とは介護福祉士などの介護の専門家のことを言います・・介護士になるには正しくは介護福祉士国家試験の受験先に問い合わせるとよいのですが、介護系統の実務を3年以上こなすか、定められた学校の過程を卒業して国家試験の受験資格を得ることが必要になります。介護支援専門員(ケアマネージャー)を志すに当たって必要とされることのひとつに情報収集・分析能力というものがあります・・要介護者に認定されたひとが介護保険にのっとりサービスを使用しようとしても、どこにどんなサービスがあるのかよくわからない場合がほとんどです...介護支援専門員はこれらサービスの内容や料金さらには現在すぐに入れるかどうかという施設の空き状態まで把握しておく必要があります...また、要介護者の自宅の状況を把握し分析することでどのような改装工事が必要かといった計画を立ててゆくのも介護支援専門員なのです。
posted by けいけいちゃん at 22:35| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

介護の日って知ってる?

11月11日は「介護の日」〜厚生労働省が制定〜
介護についての理解と認識を深め、介護サービス利用者及びその家族、介護従事者等を支援するとともに、これらの人たちを取り巻く地域社会における支え合いや交流を促進する観点から、高齢者や障害者等に対する介護に関し、国民への啓発を重点的に実施する日として、11月11日が「介護の日」として制定された。
名称と日にちは、意見公募を行った結果、最も支持の多かったものが選ばれ、「いい日、いい日、毎日、あったか介護ありがとう」を念頭に、「いい日、いい日」にかけた、覚えやすく、親しみやすい語呂合わせとなっているという。
「介護の日」に合わせ、全国各地で、都道府県・市町村、関係機関・団体、事業者等による広報・啓発活動やイベント等の様々な取組が予定されている。
posted by けいけいちゃん at 21:39| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月05日

フリーターに助成金

フリーター介護職員雇用助成金、来年にもスタート?
フリーターを介護職員に 厚労省、雇用事業者に助成金

 厚生労働省は2009年度にも年長のフリーターを介護職員として雇用した介護事業者への助成制度を始める。25歳以上40歳未満のフリーターが対象で、1人当たり年100万円を1回助成する。就職環境の厳しい年長のフリーターを人材の不足する介護分野に誘導する狙い。19日午前に開かれた自民党の雇用・生活調査会で報告した。
 助成金は採用6カ月後に50万円、その6カ月後に50万円を支給する。介護事業者ごとに最大3人までを助成対象とする。

 厚労省は12月から、介護事業者が介護業務の経験のない人を採用した場合に年50万円を支給する制度を始める計画。この制度とは別に、年長のフリーターを対象にした助成策を設けることにした。

失業者(ニート)対策と介護従事者の人員不足。
せっかくなので一緒に解決しようという安易な目論見が見えてきます。

そういえば、介護保険導入時も、建設・土木といった業界を中心に大幅なリストラが行われ、
その失業者対策として、白羽の矢が立ったのが介護業界で、
その受け皿として期待されたこともありましたね。
ただ、結局、今日の介護業界を引っ張っているのは主婦などの女性が中心です。

机上の空論で、足し算引き算ができたら法律になってしまうんですね。

問題は、この法律を悪用する事業者が出る可能性です。
架空の職員であったり、ほぼ勤務実績のない職員を申請して、助成金を狙う手口も出てくるかもしれません。
この制度自体の評価も含めて、しっかりチェックしていかなきゃいけないですね。

ただ、介護の社会のレベルが低くなるのだけは、避けたいものです。
posted by けいけいちゃん at 21:58| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

介護環境

介護職員の数や資格の有無などで介護報酬を引き上げ
職員の経験や質で介護報酬引き上げ(読売新聞)

厚生労働省は28日、介護人材確保のため来年度に予定している介護報酬引き上げの具体的な方法として、事業所で雇用する有資格者の割合、勤続年数、常勤職員の割合に応じて報酬を上げる方針を固めた。


有資格者の雇用数や勤続年数などで介護の“質”を数値として表そういうもの。介護報酬を上げるための方策が増えること自体は歓迎したい。これを機に、非常勤・非正社員を常勤化する施設もあるだろうし、費用と時間をかけて取得した資格が生きるだろう。
引き上げられた介護報酬分が給与に反映されることを前提としての話だが。

ちなみに、事業所が、介護報酬引き上げ分を給与に反映させているかどうかを確認するための情報公開については、事業所側が自主的に公表するのか、義務化するのかは確定していない。

介護の環境が少しでもよくなるようになってほしいものです。
今後に期待!!
posted by けいけいちゃん at 18:59| 京都 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。