福祉のページ

2008年12月18日

栄養ケア・マネジメントの目的

栄養ケア・マネジメントということで栄養改善が行われる中では、血清アルブミン値やBMIなどの身体的指標の改善だけが目的ではない。栄養状態の改善を通じて利用者の自己実現やその人の意欲の維持・向上を目指すための支援でなければならない。
実際、施設などでは利用者一人ひとりのADL状況や健康状態、リハビリの必要性、心理、生活習慣、家族関係など全体を捉えて包括的なケアが提供されているなかで、栄養ケア・マネジメントはサービス提供の1つとして導入されるべきである。
全粥・軟菜食から刻み食へ変更になった利用者は、言語聴覚士の介助で1時間以上もかかっての食事となったが、「おいしい、おしいしい」と泣きながら食事をされていたとか。食事の時間が長くなると疲労度が増して誤嚥のリスクが高まるため注意が必要ではあるが、これまであまり発語がなかったその利用者は、食べる意欲がますます高まって「味噌汁ないの?」「梅干ないの?」など、食べたいものの要求も高まってきたのだとか。
栄養ケア・マネジメントの実施によって、施設で提供されるトータルなサービスの質が高められていくことを期待したい。
posted by けいけいちゃん at 19:50| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。