福祉のページ

2008年12月12日

ケアマネ試験受験者数初の減少

ケアマネ試験受験者数初の減少

厚労省は25日、第11回介護支援専門員実務研修受講試験(ケアマネジャー試験)の受験者数を発表した。
今回の受験者数は13万3,092人で、昨年に比べマイナス4.3%、5,938人の減少。第1回以来受験者数は年々増加していたが、今年初めてマイナスに転じた。申込者数も前年に比べ6,217人減少し、14万3,229人となり、7年ぶりに減少となった。
都道府県別の伸び率では昨年より受験者数が増加したのは沖縄県の11.1%、新潟県の9.2%など、10県。その他の約8割にあたる37都道府県で受験者数が減少しており、12県では2年連続の減少。特に広島、岡山、愛知、静岡の4県ではこの2年間で1割以上減っている。

ケアマネジャー試験 受験者数の推移
受験者(人) 前年比
第1回 1998年 207,080 −
第2回 1999年 165,117 79.7%
第3回 2000年 128,153 77.6%
第4回 2001年 92,735 72.4%
第5回 2002年 96,207 103.7%
第6回 2003年 112,961 117.4%
第7回 2004年 124,791 110.5%
第8回 2005年 136,030 109.0%
第9回 2006年 138,262 101.6%
第10回 2007年 139,006 100.5%
第11回 2008年 133,092 95.7%


私もケアマネージャーの資格を持っていますが、受験者数が僅かであるものの減ってしまったのは大変ショックです。
福祉離れを助長する事にならなければよいのですが.....
posted by けいけいちゃん at 22:23| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/111125097

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。