福祉のページ

2008年12月07日

介護ロボット

日本製介護ロボ「パロ」、デンマーク国内ほぼ全ての介護施設に導入が決定
ぱろ.JPG
ことし4月に紹介した、かわいい介護ロボ「パロ」が、デンマーク国内のほぼすべての介護関連施設に導入されることが決まった。
ロボットスーツに負けるな!? アザラシ型ロボ「パロ」が海外で販売スタート(2008年4月17日・日本介護新聞)


年寄りの癒やしにアザラシのロボ=デンマークで本格導入−産総研(時事通信)

癒やしロボット「パロ」がデンマークの高齢者向け施設に本格導入されると発表した。同国の民間非営利団体(NPO)が窓口となり、2011年までに1000体を導入する計画で、福祉先進国でもパロの癒やし効果が認められた形だ。



すっごいかわいいパロだが、実は「世界で最もセラピー(癒やし)効果があるロボット」として英ギネス認定されているほどの“できるコ”なのだ。
気になる値段は、「一般販売用 保証期間 1年 価格350,000円(消費税込み)」とのこと。
paro.jpをみて、パロの魅力を存分に味わってほしい。


入居者はもちろん、きっと働いている人も癒されるにちがいない。
posted by けいけいちゃん at 20:12| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。